年間総売上高とホームセンター数の推移

日本ではじめて、DIY関連商品が一堂に揃った本格的なホームセンターが誕生したのは、昭和47年のことです。それは高度経済成長のもとで発展したモータリゼーションの特性を活かして、国道沿いに位置し、広い敷地に駐車場を有したアメリカンスタイルの店でした。先進国の中では、むしろ遅すぎたスタートといえます。
昭和48年に全国で28店、昭和49年に60店だった店舗数は、その後、昭和50年を境に年間約100~200店のペースで増え続けていきました。
その背景には、消費者の志向が物質的な豊かさから精神的な豊かさへと変化し、さらに余暇時間の増大にともない、文化的、創造的生活を求める新しい生活価値観が生まれたことにあるようです。
今日、4,600店舗をこえるまでになったホームセンター、これからの日本がほんとうの意味での生活大国になるためには、DIY産業の発展がとくに期待されています。

uriage suii 2015

 

年度末(昭和)48年49年50年51年52年53年54年55年56年57年
億円 110 300 720 1560 2450 3150 3850 4690 5600 6720
店舗数 28 60 120 240 350 450 550 670 880 1050
年度末(昭和/平成)58年59年60年61年62年63年1年2年3年4年
億円 8130 9326 10500 12000 13500 15000 18000 20500 22000 25000
店舗数 1220 1340 1450 1600 1720 1850 2050 2250 2400 2580
年度末(平成)5年6年7年8年9年10年11年12年13年14年
億円 27000 29200 31500 33000 34320 35350 36500 37500 38060 38630
店舗数 2750 2950 3150 3280 3430 3550 3650 3730 3780 3800
年度末(平成)15年16年17年18年19年20年21年22年23年24年
億円 39210 39680 39880 39604 39203 39091 38850 38450 39220 39430
店舗数 3860 3910 3960 3958 3980 4030 4090 4180 4310 4430
年度末(平成)25年26年27年                     

<推計>
億円 39780 39260 39530 
店舗数 4540 4590 4650